スポンサーサイト

  • 2010.06.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セフレ 新王者、誕生

 全米視聴率No.1を誇る国民的公開オーディション番組『アメリカン・アイドル』が、遂に決勝戦を迎え、2010年の新王者が誕生した。

この熾烈な戦いを勝ち抜き、約10万人の応募者の頂点に立ったのは、イリノイ州出身の元ペンキのセールスマン、リー・デワイズ。10代からプロの歌手を志しシンガー・ソングライターとして地元で活動してきた24歳だ。

そ して準優勝に輝いたのは、1歳の息子を持つオハイオ州出身24歳のシングル・マザー、クリスタル・バワーソックス。次のスターとなるであろうこの両名が、 同番組の決勝戦で披露した楽曲「ビューティフル・デイ」(リー・デワイズによるU2のカヴァー曲)と「アップ・トゥ・ザ・マウンテン」(クリスタル・バ ワーソックスによるカヴァー)が、6月23日(水)より日本でも緊急配信が開始された。

優勝と同時に夢のメジャー・レーベルとのレコード 契約を手にした『アメリカン・アイドル』の新王者リー・デワイズは、10代に独学でギターを学び、ペンキのセールスマンを生業にしつつ、シンガー・ソング ライターとして地道に音楽活動を続けてきた。番組本戦中盤まではその控えめな言動ゆえに突出して目立つことがなかったにも拘わらず、そのシャイな瞳に燃え る情熱を湛えた真摯なパフォーマンスで、出演回数を重ねるごとにその秘めた実力と魅力がメキメキと輝き始め頭角を現した。

リーの歌からは 「真摯な想いと深い感情が伝わり感動を呼ぶ」と審査員からも絶賛をうけ、視聴者投票でも1度もボトム3(最下位3位)に入る事がないほど定着した実力と人 気で、見事優勝の座に輝いた。『アメリカン・アイドル』制作者であり、音楽界に多大な功績を残しているサイモン・フラーは「リーのヴォーカルには秘めたパ ワーがある。彼の音楽に対する誠実な思いと愛情は深く、歌っていると目には涙が光るほどだ。この秋に全米リリースが予定されているデビュー・アルバムをと ても楽しみにしている」とコメントしている。

一方、準優勝に輝いたクリスタル・バワーソックスは、息子の幸せのために歌手としてのプロ・ デビューをめざし、『アメリカン・アイドル』に挑戦することを決意したというシンガーで、先日メジャー・レーベルとのレコード契約が発表されたばかり。こ れまで教会でゴスペルを歌っていたクリスタルは、ジャニス・ジョップリンを彷彿とさせる個性溢れるヴォーカルと歌唱力で、予選から優勝候補として高く評価 されていた。

決勝戦ではケリー・クラークソンやスーザン・ボイルもカヴァーしたことで有名な名曲「アップ・トゥ・ザ・マウンテン」を披露 し、大きな感動を呼んだ。レコード契約に際し、リー・デワイズは「『アメリカン・アイドル』で多くのことを経験したけれど、これは自分にとってはまだ第一 歩。アルバムは最高のものにするよ!」と意欲溢れるコメントを発表。世界的スターとして世界に羽ばたいたアダム・ランバート等先輩アーティストたちと並 び、プロとして2人がデビューする未来はもうすぐ。








セフレ
セフレ
セフレ

セフレの一言

不定期更新ですが頑張ります。

元気がない「スパイダーマン」女優、アメリカ縦断旅行でショックを受ける

 最近は久しく晴れ舞台に登場しなくなった「スパイダーマン」シリーズのキルスティン・ダンスト。そんな彼女が04年まで約2年を共にしていた元恋人ジェイク・ギレンホールとの関係や、最近行ったアメリカ縦断旅行について語っている。

 「彼(ジェイク)に会えたらうれしいけど、仲良くはいられないでしょうね。友達としてもね」とジェイクについてコメントしたキルスティン。

 一方のジェイクも、今ではオスカー女優リース・ウィザースプーンと結婚を前提とした交際をしていて、キルスティンのことはもはや過去のモノとなっている。

 そんなキルスティンは最近、アメリカ縦断旅行に出ていたそうで、自分の生まれ育った国がどれほど貧困に苦しんでいるかを目の当たりにし、強いショックを受けたのだとか。

 「旅を終えた時、『アメリカはなんて貧しいんだろう』って思ったの。レストランやガソリンスタンドがあって緑豊かな所もあったけど、それ以外の地方に住む人々はとても質素に暮らしているわ。アメリカ全土から見たら、東・西海岸とそれ以外の地域は全く違うの」。 セフレ

美形はモテない?

 

 美形は売れ残ると聞くと、「嘘だ!」という人が多いかもしれません。けれど実際、美男美女に恋人がいないということはよくある話。

 たとえば、どこからどう見てもカッコ良い、異性からの人気があって当然の容姿をした人がいるとします。その人に「モテたでしょう?」と聞くと「全然です」と答える人が案外多いのです。


 もちろん、謙遜をしてそういう人もいるでしょう。しかし本当に「モテていない」人もいるのです。

 何故そのようなことが起こるのでしょうか?

 心理学の考えから、その答えは説明できます。
 人は権力を持つ人、高い地位を保っている人、はたまた人よりもはるかに秀でた能力を持つ人からどこか距離をとる傾向にあります。

 容姿が良い、というのもこれと同じ。

 とてもカッコの良い男の子を仮にA君とすると、A君に惹かれる人は多くいても、「どうせ自分のことなんて相手にしてくれない」と自分から諦めてし まうのです。思ってくれている人がいても、A君自身にまでその想いが伝えられない。だからA君は「自分はモテない」、と思ってしまうのです。


 A君のような容姿の良い人を最初から諦めるというのは、自己防衛のしるし。誰だって拒否されるのは嫌ですよね。A君という優れた容姿を持っている人は、相手にも優れた容姿を求めるだろうと勝手に思い込み、拒否されることを嫌がって逃げてしまうのです。


 だから案外モテているのは「え、この人が?」というような男性。自分と比較してもこの人なら拒否しないで受け入れてくれるだろうという安心感が生まれるのですね。
 





セフレ

セフレ 初デートマニュアル

 
初デートに誘うなら「○○に行かない?」ってのにしておけ。
例えば、相手が好きなアーティストのライブなど、食いつきの良さそうなエサは基本だぜ。
 
あとはタダ券とかな。
プールとか遊園地のタダ券、映画のタダ券とかな。
何にしろそのネタで彼女の興味を引けないとね。
 
初デートは気合い入れねえとな。
緊張しすぎて空回ったりすんなよ。
 
映画なら内容を頭に入れてちゃんと選べよ。
俺は【ハンニバル】見に行こうって誘われて行ったが、見てて気持ち悪かった。
その女の選択ミスだな。
 
好き嫌いが激しく分かれるものを選ぶべきじゃない。
デートに誘う悪い例だ。
 
誘う時に「タダ券をもらったから行かねぇ?」とか言うと成功率が上がるから、
誘いを成功させるためには多少の自腹も覚悟していけよ。
別に最初からマジでチケットを買っておく必要は無い。
OKを貰ってから買いに行けばいい。
そうすりゃムダにもならねぇ。
 
ただし、俺が前売り券を買うことをすすめる人は初めてデートに誘う人のみだ。
あくまでも興味を引くネタとして「チケットあるからいこうよ。」と誘い、
「ホント?チケットあるなら行こうかな。」と食いつくことを目的としているわけだ。
 
2回目以降のデートに使うのは…。
まぁいいけど、あまり利用されないように。
多用は危険だぜ。
都合のイイ男にならないようにな。
 
タダ券はあくまでも誘いに乗りやすくするための【ラブアイテム】なわけであって、
絶対に買っておかないといけないわけじゃない。
むしろ誘うだけでも来るようだったら無くてもいい。
迷う相手の背中をポンと押す目的で使う。それだけのモノだ。
 
映画の約束をしてから「買っておいた。」ってのもダメだ。
俺には媚びてるようにしか思えねぇ。
俺の偏見かもしれねぇが。
割引券だったら大いに結構だけどな。
 
ただ、使うなら「タダ券があるから行かないともったいない。」とかは言わないように。
目的は『相手と遊ぶこと』であって、『タダ券を使う事』ではない。
それを相手にちゃんとわかっていてもらう必要がある。
 
タダ券や前売り券使うかどうかはまぁ置いといて、
最低でも見たい映画の上映時間は暗記しとけよ。
これぐらいは必要だぜ。
 
しかし、そこでも相手に「○時から始まる回があるんだ。」とかはいらねぇ。
たまたま良い時間で着いた、と思わせておけ。
そうする事でオマエ自身も『自分のペースになっている』と思えるだろう。
それでモチベーションを少し上げる事が出来るんだ。
 
そして、映画館以外にも行くトコの候補を考えておくこと。
 
ココで考えて欲しいのは映画を見終わった後の2人の心理状態。
映画館から笑って出るか、感動して出るか、みたいなものかな。
映画館後に飯を食いに行くことを期待して考えること。
俺は、「笑ってオナカすいたね」「腹減ったから飯食おう」のパターンだった。
 
ただし、誘うセリフは「時間があったらご飯行かない?」という誘い方はしない。
『時間あったらゴハン』ってのは断る理由になる、と考えるべきだ。
 
俺は「飯食いにいこうよ。なんか○○食いたくねえ?」って誘うな。
その○○に思わず「食べたい!」と言わせるものを入れれば効果は絶大。
まず乗ってくるだろう。食いしん坊バンザイ。
 
こうして『断る』という選択を無意識のうちに無くすんだ。
その重要性に着目してもらいたい。
 
俺が言いたいのは、断る理由を与えず、しつこくないスマートな誘い方をしろってことだな。
それには経験が多くないと出来ないかもしれないが。
 
ただ、「○○食べたいかも・・・」と相手に思わせることが大事。
それには軽めの言い方をするといい。
「え?飯食いに行くだけだぜ?」みたいなノリかな。
最後に外説明あり)
すると相手も「ちょっとならいっか。○○食べたいし。」と思うモンだ。
 
相手に断る要素を与えず、ひたすら次の獲物で釣るのだ。
その労力を惜しむ男は負け組になる。
 
エサはその魅力で引きつけて、チャンスを増やし、
さらにしつこくならない誘い方になる武器だと思ってくれ。
 
重要なのは柔軟な発想だ。
 
 
次に誘う場所。
俺に相談してきた奴は「サイゼリヤでいいか?」と言ってきた。
 
俺は「全力を尽くして、それでいて無理してるとこを見せない。
 それが初デートだぜ?お前の全力はサイゼリヤじゃねえだろう」と言った。
 
 
かといって特別気取ったトコに行けと言ってるんじゃない。
そこを勘違いしないで欲しい。
 
「じゃあ何処ならいいんだよ」って思ったろ?
 
まぁ、折角だから美味いものを食べる、
多少はオシャレなトコに行くようにしろってことだな。
無難なところで雰囲気の良いイタリアンでも選ぼう。
 
大体何処にでもあるし、メニューも豊富。
店がキレイなトコを選ぶべきだな。
 
今そういう店が思いつかなくて、
そんな店が当日に見つかるか心配なら、下調べはしとけ。
 
良い雰囲気の店に行く→相手が店を気に入る→後に近くを通りかかった時に思い出す→
→友達も一緒ならその店の話になる→場合によっては誰と行ったか聞かれる→
→オマエと一緒に行った事を思い出す→意識する
 
かなり強引だが、こういう事もアリアリだ。
別にサイゼリヤでも構わねぇ。
俺もサイゼリヤは大好きだ。
 
しかし、せっかく可能性が広がるチャンスをみすみす逃すのがもったいねぇってんだ。
わかったかボケナスども。
 
俺は見栄っ張りでもなんでもねぇ。
ただ、成功率をわずかでも上げるためには全力を尽くすタチなんだ。
恐ろしく合理的に生きてきてんだよ。
 
1ミリでも可能性が上がるんだったらやろうぜ。
大した労力じゃねぇよ。
 
 
あと俺が使った店はお好み焼きかな・・・。
これはちょっとムズい場合もあるからやめとけ。
 
飯の時間が一番大事だってこと忘れんなよ。
オマエのトークで全て決まるんだ。
 
 
下調べもいい。
でも几帳面なとこを決して相手に見せるなよ。
影の努力は全て隠せ。
見せてもウザイだけだ。
見せても重いだけだ。
 
聞き上手にもなれよ。
自分の喋りに夢中になるな。
俺は笑い倒す自信が有るが、そこまで出来ない奴は空気を読んでタイミングを掴め。
 
誘う時はあくまでも軽めにサラッと誘えよ。
重い空気は禁物だぜ。
 
デートはチャンスを生かすことが大事だ。
タイミング、彼女の心理、場所など色々なモノを
自分のモノにするんだ。
 
タイミングも彼女の心理も自分のトークで切り開けるものだ。
全てはトーク次第。
 
あとは気を回すことだな。
気を使うんじゃねぇ。
気を回すんだ。
その辺もはき違えんな。
 
絶対に自分が楽しくない素振りをするなよ。
それはそのままリタイア宣言になるんだ。
 
自分も楽しむこと。
これ以上は何も言えねえな。
 
前向きに行けよ。ポジティブにGO!
 
 
 
※「え?飯食いに行くだけだぜ?」という誘い方。
 
このノリは極めて重要だ。何をするにも。
 
飯食いに行くぐらいなら、もともと女の子にとっても
抵抗の大きいものじゃないからこれで大抵はOK。
 
真面目な子をエッチに誘うときなども非常に重要だ。
相手の女の子に「こんなオオゴトに思ってるの私だけ?ハズかしい・・・」と思わせる。
相手のプライドやコンプレックスなどに上手く刺激を与えて良い方に持って行く。
 
まぁ、そうでなくても「あまり意識しないでいいよ」って思わせる事は大事だよね。
 
 
:追記:
言い忘れたが、これは高校生の初デートを想定している。
 
スレちゃってる姉ちゃんには使えない。
恋愛経験豊富だと豪語するアホ姉ちゃんには頭でも撫でとけ。
「ハイハイ、よしよし。」ってな。
強気でGOだブタ野郎。

玉木宏、男とくっつくのはイヤ!

 手塚治虫の傑作漫画を映画化したアクション・エンターテインメント『MW−ムウ−』の大ヒットを記念し、7月25日に都内劇場で大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、主演の玉木宏が登壇した。

7 月4日の公開初日の舞台挨拶には、現在製作中の映画版『のだめカンタービレ 最終楽章』前後編の海外ロケのために参加できなかった玉木。満員の客席から「お帰り!」という声が飛び交う中、「1カ月と1週間ぶりの日本です。初日に舞 台挨拶ができなかったことがとても心残りでしたが、今日、ここに立つことができてよかった」と挨拶した。

共演した山田孝之とセクシーに絡 み合うポスターが話題となっているが、「撮影しながら、あまりくっつくのはイヤだな、とお互いに言い合っていました。男の体温はあまり感じたくないですよ ね」と玉木。初日の舞台挨拶で、山田が玉木を「格好いい!」と絶賛していたことについては、「本心ではなかったのではないでしょうか。(善人を演じ)フラ ストレーションがたまる役だったので、僕の演じた結城がうらやましかったのでは?」と分析していた。


不快な感情を適切に処理する

 ある人は、友人がいつも皆の前で自分を笑いものにしていることに腹を立てています。

といっても、友人は本気で自分をバカにしているわけではなく、冗談まじりに話しているだけで、皆も楽しそうに笑っています。

彼は、そんな些細なことで腹を立てて場の雰囲気を壊すのも大人げないと思い、なかなか友人に文句を言うことができず、愛想笑いをしてごまかしてしまいます。
しかし、やはりバカにされることは悔しいので、ストレスはたまる一方で、だんだん友人を避けるようになってしまいました。

彼の問題点は、文句を言えないということではありません。
文句を言ったほうがよいかどうかは、本人の性格や考え方にもよるし、友人との関係にもよるもので、一概にどちらが正しいとはいえません。

彼は、「些細なことで腹を立てるのは大人げない」と言っていますが、それは本心ではなく、ただ「大人げない人間だと思われることが悔しい」だけなのです。
彼が心の底から「腹を立てるのは大人げない」と思っているなら、それでいら立ちはおさまり、悩みは解決されるはずです。
彼は、文句を言うにしても、我慢するにしても、どちらにしても自分の意志が中途半端で、他人の機嫌ばかりを気にかけているところが問題なのです。

健全な人間関係を築く上では、怒りを表現しなければならないときもあります。
腫れものに触るように気を遣い合っていては、信頼も尊重も生まれません。
彼が友人のことを大切に思うなら、互いの関係をよくするために、怒りを適切に表現しなければなりません。
相手に悪気はなかったとしても、自分が傷ついているのは事実なのですから、「君のことは尊重しているが、こういう点だけは納得できない」と、気持ちを素直に打ち明ければよいのです。

また、相手に悪気はないのだから気にすることはないと本気で思うのなら、自分も冗談で悪口を言い返すくらいの心の余裕をもてばよいでしょう。
心の通い合った友人同士であれば、「本気でバカにしているわけではないことを判ってくれる」という信頼関係があるからこそ、軽い悪口を言い合えるということもあります。

言っていいことと悪いことの境界は、人によって異なります。その頃合いは、付き合っていく中で感じとっていくものです。
友人に悪口を言われて、内心では腹が立っているのに、笑ってごまかしていれば、友人は「これくらいなら言っても大丈夫」と判断するでしょう。
「気軽に悪口を言い合える関係」か、「絶対に悪口は言わない関係」か、どちらを選ぶかは、自分の自由です。重要なことは、自分が友人とどういう関係を築きたいのか、態度をはっきりと表明するということです。

ある人は、極度のあがり症で、他人とうまく話をすることができません。
彼は、恥ずかしいという感情を何とか打ち消そうと必死で努力しているのですが、どうしても人前では緊張してしまい、そんな自分を卑下して落ち込んでしまうのです。

彼の問題点は、恥ずかしいという感情を抑えられないことではありません。
自分が心から恥じるのではなく、「他人から恥ずかしい人間だと思われること」を怖れてしまっていることが問題なのです。

恥ずかしいという感情を何でも抑え込めばよいというものではありません。
本当に恥ずべきことは、しっかり恥じるべきなのです。恥を知らない人間ほど見苦しいものはありません。
自分がうっかり他人を傷つけてしまったり、他人に迷惑をかけてしまったりしたときには、心から恥じ入ることが、二度と同じ過ちを繰り返さないために必要なことです。

恥とは、自分を愛し、他人を愛するがゆえの自律心から生まれるものであり、自分を嫌いになるような恥は、本当の恥ではなく、他人への怒りや不満のすり替えにすぎません。
他人と接すること自体を恥ずかしいと思うのは、「他人は皆、私の一挙一動に関心を払うべきである」「私を尊重しない人は許せない」というごう慢さの裏返しです。
必要以上に自分を卑下する心理の裏には、そうすることによって他人の同情を引き、自分に気を遣わせようという意図が働いているのです。

重要なことは、恥ずべきこととそうでないことをきちんと区別するということです。
何を恥ずかしいと思うかということは、まさに個々人の価値観の反映そのものであり、自由に決めればよいのですが、ひとつ共通していえることは、「自分に何の悪意も過失もなく、他人を傷つけてもいないことを恥じる必要はない」ということです。

人間関係を築く上で障害となるのが、「怒り」と「恥」です。
これらは不快な感情であり、他人との関係を壊してしまうという不安を感じるので、つい無意識に抑えてしまいがちです。
しかし、人間に与えられた感情に不必要なものはないはずです。ありのままに感じ、適切に表現すれば、むしろ人間関係を進展させるものとなるでしょう。


保温



 狙っているメル友がいるけど、今は忙しくて会えないという場合。
下手に盛り上げないで「保温」しておきましょう。

ほど良い距離にキープしておいて、時間の余裕ができたら一気に距離を詰め、
王手をかける。
そうすれば、忙しくてタイミングを逃しやすい人でも、
出会いを作ることが出来ますよね。


結構サラッと言っていますが、
実はコレ、凄まじいことを言っているんですよ。
他のジャンルでは、タイミングを作り出すなんてなかなか出来ません。

例えばマラソン選手は、大会の日程が決まっていて、
それに合わせてコンディションを高めていかないといけない。
「タイミング」に「自分の状況」を合わせるワケです。

ところが恋愛の場合では、意識すれば自分でタイミングを操作できる。
自分のコンディションに合わせて、マラソン大会を開催するようなモンです。
そう考えたら、卑怯なぐらい強力でしょ?(笑)


だから、コンディションが整っていないのにマラソン大会を開催してはダメ。
自分に余裕が出来る前に、相手を盛り上げ過ぎてはいけないんです。

ちゃんと「自分の状況にあわせて」、距離を操作してタイミングを作り出す。
これを意識するかどうかで、同じコトをしても結果はぜんぜん違ってきます。


タイミングに自分を合わせるか。
自分にタイミングを合わせるか。


あなたは、どちらで攻めますか?

ずいシチューをもっと美味しく

 特殊法人であるNHKの予算を通す時期がやってきました。特殊法人改革を訴える小泉さんが政権を取っている現在、NHKにとっても油断のならない時期だろうと思うし、ひとごとではありません。自らの存在価値を主張したいと考えるのが人情だと思います。

 正月にシチューの作り方を失敗した編者にとって、そのシチューの美味しい作り方を伝授してくれた今日の番組は参考になりました。美味しいシチューを作る秘訣の一つは具を煮立てた後一度火を止め、ルーを入れて弱火で煮込むことだそうです。

 シチューをより美味しく食べたいと考える日本人の多くがその秘訣を得て、シェフの味に近づけばそれは幸せかも知れません。しかし、そんな美味しさを追求しながら虚しさを感じている人も多いのではないでしょうか?

 構造改革が必要だと主張して走り続ける小泉首相を応援する人は多いと思います。それでもいくら構造改革のためとは言え、あまりに影響力のある企業をつぶすわけには行かないと、少しだけ方向転換をしたと聞いています。

 その一つが2兆円という途方もない借金を抱えた”ダイエー”です。最近この企業のニュースが多いと思いませんか?マスコミが多く取り上げるのはこの方向転換に注目しているせいではないかと思っています。

 ”ダイエー”は資産を処分して借金を減らし続けています。それでもまだ残っている借金は2兆円です。しかし、同じ頃に、2兆円という額を耳にしました。それはアフガニスタンという国の復興のために必要なお金が同じ2兆円だということです。

 日本にとっては一企業を救うために必要なお金でも、アフガニスタンにとっては一国を救うことになります。より美味しいシチューを食べてもなんだか満足で きない日本人のこころのなかで渦巻いているのは、日本人にとってまずいと思われるシチューがご馳走である国があることを薄々気がつているためではないかと 思っています。

 いくら景気が良くなってもそれだけで素直に喜べる時代はもう終わったのだろうと思います。今、アフガニスタンに必要なのは貧困を救うことと教育だそうです。これを知った自分自身がすべきなのは今すぐ、寄付をすることだとは考えていません。

 貧しくて教育もなければアフガニスタンが一つの国であることさえその国民は知ることができません。知る前に飢え死にするだろうし、生き延びても国という概念さえ知らずに育つから、国のなかで紛争が続くのではないかと思います。

 こんな事実を知って、それからしばらくして、無理なく自分のやれることを自分の意志でやり始めたとき、初めてシチューを美味しいと感じることが出来るのかも知れません。



お茶とキュウリとトマトの話

 背中で蝉時雨(せみしぐれ)を聞きながら頂くお茶。茶室は狭いがそこで語られる「侘び寂(わびさび)」の世界は広い。茶室でお茶を頂くのは喉(のど)を潤 (うるお)すためでもなく、たまに着る着物を見せびらかすためでもなく、好物のお茶菓子を食べ過ぎて太るためでもないらしい。

 玉のように転がる飼い猫の毛の間に棲(す)むノミを取っては、また別の家の猫のノミを取って暮らしていた人が昔は居たらしい。それで暮らしが成り立つのだから豊かな社会だと言える。

  せわしげに働いても働いても気苦労ばかりの暮らしはお金があっても豊かだとは言い難い。おまけに疲れて帰ってきて、挨拶もろくにしないような家庭では何を目指して生きているのか解らなくなる。

 ちっとも気が利かない相手に、良かれと思って文句を言ってしまうと、良くなるどころか喧嘩(けんか)の種になる。それは子供でも親でも世界中で一番好き だった相手でも同じであるに違いない。とくに分かっていながら同じ失敗を何度も繰り返えす自分のことはほとほと嫌になるときがよくある。

 こうあるべきだと考えるのは人間の勝手な考え方で、それはきゅうりをトマトのように赤く育てようと無理をしているようにも思える。涙ぐましい努力にもか かわらず、それが実らず落ち込むときもある。きゅうりはきゅうりとして育てて味わった方がよっぽど手っ取り早くて美味しい。

 きゅうりをきゅうりとして味わうから騒ぐことなく静かに美味しく暮らせるのが「侘び寂」的なのかもしれない。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
  • seo
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
  • 椎名林檎、“ヌード”にこだわったビジュアル・イメージ
    スマイル (06/12)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM